• aori-saitolab

大西洋有孔虫航海その3


この航海で私は,写真の機械(高速フラッシュ励起蛍光装置)を持ち込み,生きた浮遊性有孔虫の共生関係の把握や光合成活性の測定を行いました.浮遊性有孔虫には共生藻類を飼う種が知られていますが,限られた知見しかありません.どの種が共生藻を持つのか,何が共生しているのか,どれだけいるのか,宿主と共生藻はどう関係しているのかなど,まだまだ不明点ばかりです.大西洋にしかいない種などもいるので,この航海は貴重な機会となりました.(つづく)


39回の閲覧

最新記事

すべて表示

COVID-19拡大のなかでの研究室活動 

4月上旬から、大気海洋研はリモートでの研究活動が続いています。残念ながら今年は歓迎会も花見もありませんでした。メンバーの研究状況や様々な情報の共有のために、毎週火曜にZOOMによるラボミーティングを行っています。 授業もZOOMで行われていますが、そんな中で、カナダ・Dauhausie 大学のJohn Cullenが、亜表層クロロフィル極大(Subsurface Chlorophyll Maxim

© 2017  Home page of Saito Lab., AORI, UTokyo