• 高木悠花

大西洋有孔虫航海その4


 長い研究航海で重要なのもののひとつは食事です.Meteorでは,朝昼晩ビュッフェ形式で,好きなものをとって食べます.朝食では温かいものだけはオーダー式で,スクランブルエッグwithベーコン,パンケーキwithフルーツ,など好きなものをメニューから選んで頼むと,出来たてを持ってきてくれます.15時のおやつタイムにはケーキやマフィンなどが日替わりで食堂に置かれるので,各自自由に食べることができます.どれもおいしいので,食べ過ぎないよう強い自制心が必要です.

 船内にはバーがあり,アルコールは免税で購入できます.日本の研究船のように事前に購入して持ち込むようなことは不要です.また,ちょっとしたスナックや生活用品なども船内のショップで手に入ります.土曜の夕方には,デッキに机とベンチを並べてパーティーやBBQが開かれることもあり,その際はビールも食事の一部として振舞われるのでフリーです.さすがドイツです.

そのほかにも,トレーニングジムやサウナ,卓球台,テーブルフットボール台,ギターなどもあり,レクリエーションには事欠きません.もっとも,みんな仕事熱心なので,あくまで息抜き程度ではありますが.

 そのような楽しい航海も終わりを告げました.とはいえ航海は始まりにすぎません.得られたサンプルを使って研究するこれからが本番です!


67回の閲覧

最新記事

すべて表示

COVID-19拡大のなかでの研究室活動 

4月上旬から、大気海洋研はリモートでの研究活動が続いています。残念ながら今年は歓迎会も花見もありませんでした。メンバーの研究状況や様々な情報の共有のために、毎週火曜にZOOMによるラボミーティングを行っています。 授業もZOOMで行われていますが、そんな中で、カナダ・Dauhausie 大学のJohn Cullenが、亜表層クロロフィル極大(Subsurface Chlorophyll Maxim

© 2017  Home page of Saito Lab., AORI, UTokyo