• aori-saitolab

高木さんが2016年度日本古生物学会論文賞受賞!


高木悠花さんが、2016年度日本古生物学会論文賞(2016 BEST PAPER AWARD)を受賞し、日本古生物学会2017年総会において表彰されました。

受賞論文: Individual migration pathways of modern planktic foraminifers: Chamber-by-chamber assessment of stable isotopes. Paleontological Research vol 20, no 3, 2016, p 268–284 Haruka Takagi, Kazuyoshi Moriya, Toyoho Ishimura, Atsushi Suzuki, Hodaka Kawahata, Hiromichi Hirano.

http://www.bioone.org/doi/abs/10.2517/2015PR036

PDF

■日本古生物学会 - 学会賞 http://www.palaeo-soc-japan.jp/awards.html


52回の閲覧

最新記事

すべて表示

COVID-19拡大のなかでの研究室活動 

4月上旬から、大気海洋研はリモートでの研究活動が続いています。残念ながら今年は歓迎会も花見もありませんでした。メンバーの研究状況や様々な情報の共有のために、毎週火曜にZOOMによるラボミーティングを行っています。 授業もZOOMで行われていますが、そんな中で、カナダ・Dauhausie 大学のJohn Cullenが、亜表層クロロフィル極大(Subsurface Chlorophyll Maxim

© 2017  Home page of Saito Lab., AORI, UTokyo