• 齊藤宏明

COVID-19拡大のなかでの研究室活動 

 4月上旬から、大気海洋研はリモートでの研究活動が続いています。残念ながら今年は歓迎会も花見もありませんでした。メンバーの研究状況や様々な情報の共有のために、毎週火曜にZOOMによるラボミーティングを行っています。

 授業もZOOMで行われていますが、そんな中で、カナダ・Dauhausie 大学のJohn Cullenが、亜表層クロロフィル極大(Subsurface Chlorophyll Maximum Layer: SCML)についてまとめた論文をじっくりと読んでいく"Reading John Cullen (2015)”を、毎週水曜に行っています。引用文献や、研究の歴史も含め、20回くらいで一つの論文をじっくりと読んでいます。


Cullen, J.J. 2015. Subsurface chlorophyll maximum layers: Enduring enigma or mystery solved? Annual Review of Marine Science 7 (1):207-239. doi:10.1146/annurev-marine-010213-135111.

閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

特任研究員のSiyu Jiang博士が、2022年度日本海洋学会奨励論文賞を受賞しました。この賞は、若手会員による日本海洋学会の刊行物に発表された優れた論文を表彰するものです。受賞論文は Jiang, S., Hashihama, F., Saito, H., 2021. Phytoplankton growth and grazing mortality through the oligotro